<   2009年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

プルーストの食卓(本)

c0082504_9384168.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Dining with Proust
フランス語の原書の題名は"Proust, La Cuisine Retrouvée"(1991)

日本では1993年にJICC出版局から「プルーストの食卓」の書名で刊行されました。

紅茶に浸したマドレーヌ菓子を口に含んだ主人公がいきいきと過去の記憶を呼び覚ます魅惑的なエピソードが有名な長編小説「失われた時を求めて」(A la Recherche du Temps Perdu) の著者プルースト。

審美家であり、美食家でもあったプルースト(Proust, Marcel. 1871-1922)の小説には数々の料理が登場します。
本文では作品の引用とともにプルーストと「食」の関係が語られます。ベル・エポックの時代を彷彿とさせる美しい写真の数々。
再現された料理の写真のほか、食材、台所、セットされたテーブルなど、間接的に表現された「美食」の世界が私たちを魅了します。
後半は「失われた時を求めて」の他、習作「ジャン・サントイユ」(Jean Santeuil)、「サント・ブーヴに逆らって」(Contre Sainte-Beuve)、あるいはプルーストの手紙などに登場する料理のレシピを掲載。前菜から、メイン、デザートまで。
レシピは名シェフ、アラン・サンドラン(Alain Senderens)によるもの。2005年、ミシュランの三ツ星を返上したことが話題になったヌーヴェル・キュイジーヌの旗手です。
少し変わったところでは、"Japanese Salad"(Salade Japonaise)なるものも。材料を見る限り、日本とは全く関わりがなさそうなのですが、当時のジャポニスムの流行をうかがわせて、興味深いものです。

胡蝶書房より
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 横浜散策の後、図書館で借りた本を何気なく開いてみると、そこにはベル・エポックのパリとそしてフランスの文化がありました。

 いつかパリに行くぞとは思っていても、本当のところかの地のよさを私は知ってはいないのでしょう。フランス文学は知りませんし、哲学もわかりませんし、審美主義というものを見極める力もありませんから。

 それでも何事も一からの勉強ということです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

料理一覧 (本書にレシピあり)
●アントレ
ブーシュのレーヌ風
ベーコン入りスクランブル・エッグ
キャベツとベーコンのスープ
ポテトサラダ
マッシュルーム、アスパラ、アサツキ入りオムレツ
サヤインゲンのサラダ
日本風サラダ
卵のココット
ゆで卵、トマト、アンチョビ、ツナ入りサラダ
チーズのスフレ

●魚介
舌ビラメのノルマンディ風
ニジマスのアーモンド風味
ヒラメのシードル蒸し
ヒメジのグリル
ブイヤベース
エイの焦がしバター・ソースかけ
イセエビのグリル(永遠の火で焼くドモワゼル・ド・カーン)
オマールエビのアメリカ風
カワハゼのフライ
コイのビール蒸し
ヒラメのホワイトソースかけ
カレイのグリル、オランデーズ・ソースかけ
オランデーズ・ソース
ボラのキュウリ添え
スズキのクール・ブイヨン煮

●肉類
牛肉のキャセロール蒸し
子ヒツジのもも肉ベアルネーズ・ソースかけ
ベアルネーズ・ソース
グリビッシュ・ソース
牛肉のゼリー寄せ(ブフ・モード・アン・ジュレ)
ヨークハムの蒸し煮
子牛の腎臓コニャック風味
ビーフ・ストロガノフ
子牛の蒸し焼き
牛の蒸し煮
プチット・マルミット(トリの内臓入りポトフ)

●猟獣野鳥と家禽類
野ウサギの赤ワイン煮込み
ウサギのベーコン風味
野ガモのコケモモ風味
若鶏のシャッスール・ソースかけ
若鶏のフィナンシエール・ソースかけ
ヤマウズラのひなのシャンパン風味

●デザート
イチゴのムース
モモのコンポート
パイナップルとトリュフのサラダ
マフィン
コーヒー・バヴァロア
クリスマス・プディング
アンズのタルトレット
ガトー・マンケ(スポンジケーキ)
リンゴのタルト(アップルパイ)
スフレ・オ・ショコラ
ライスのランペラアトリス風
アーモンド・ケーキ
プチット・ブリオッシュ
レーズン・ケーキ
プチット・マドレーヌ
クレーム・オ・ショコラ
クレーム・ア・ラ・ヴァニーユ
クレーム・オ・カフェ
ネッセルロード風プディング

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]

by arrive_at | 2009-10-25 00:13 | パリに行こう  

ハロウインのデザインにしました

 チネチッタという神奈川県川崎市にある映画街は、この時期にはハロウインの飾り付けがなされ、仮装大会も催されます。けっこう雰囲気が楽しめますので、面白いですよ~。

 私はやはりティム・バートンの映画がこの時期は見たくなりますね。

●1958年8月25日~/アメリカ/監督(演出家)
http://homepage1.nifty.com/sountolab/timpro.htm

 B級映画に対する過剰な偏愛振りを抱えながらも、アニメーター出身らしい画面を構築する技術がバートン作品の最大の魅力だと思います。「シザーハンズ」や「ナイトメア~」等はセンチメンタルなニュアンスが強い分、幅広い層から支持を集め、特に後者は公開から13年を経た現在でも根強いを誇ります。
 マイノリティーな登場人物を常に物語の中心に置いていましたが、「エドウッド」あたりから作風が大きく変わり、作品がヒットしても「猿の惑星」など”空っぽ”な大作映画を躊躇なく手掛ける姿勢に、溜息を隠さない熱狂的なファンも少なくありません。(泣)

 1982年 『ヴィンセント』  脚本・監督・製作/ティム・バートン  音楽/ケン・ヒルトン

 1982年 『フランケン・ウィニー』  原案・監督/ティム・バートン  音楽/マイケル・コンヴァティーノ+デヴィッド・ニューマン

 1985年 『TVヒッチコック劇場』 「壺」  監督/ティム・バートン  音楽/ダニー・エルフマン

 1985年 『ピーウィーの大冒険』   監督/ティム・バートン  音楽/ダニー・エルフマン

 1988年 『ビートルジュース』   監督/ティム・バートン  音楽/ダニー・エルフマン

 .1989年 『バットマン』  監督/ティム・バートン  音楽/ダニー・エルフマン

 1990年 『シザーハンズ』  原案・監督・製作/ティム・バートン  音楽/ダニー・エルフマン

 1992年 『バットマン・リターンズ』   監督・製作/ティム・バートン  音楽/ダニー・エルフマン

 1993年 『ナイト・メア・ビフォア・クリスマス』  原案・製作・キャラ・デザイン/ティム・バートン  音楽/ダニー・エルフマン

 1994年 『エド・ウッド』  監督・製作/ティム・バートン  音楽/ハワード・ショア

 1995年 『バットマン・フォーエバー』  製作/ティム・バートン  音楽/エリオット・ゴールデンサル

 1996年 『ジャイアント・ピーチ』   製作/ティム・バートン  音楽/ランディー・ニューマン

 1997年 『マーズ・アタック』   脚本・監督・製作/ティム・バートン  音楽/ダニー・エルフマン

 1999年 『スリ-ピー・ホロウ』  監督/ティム・バートン  音楽/ダニー・エルフマン

 2001年 『猿の惑星』  監督/ティム・バートン  音楽/ダニー・エルフマン

 2003年 『ビッグ・フィッシュ』  監督/ティム・バートン  音楽/ダニー・エルフマン
[PR]

by arrive_at | 2009-10-12 22:43 | 徒然日記  

子音プラスeの発音

 気が付けば日常のあちこちでフランス語の単語を目にします。

 Courregesといロゴの入ったティーポットを何気なく見ていました。

 クレージュと読むのか…。gの後にはeですがジュという発音です。子音の後にeがくればuの発音です。そして最後の子音のsはなにも発音しないのですね。

 定冠詞のleはルという発音でした。lesはレという発音でした。esで終わる時はレでも、gesはジュなんですね。覚えておきましょう。

 こんな程度のフランス語の勉強でいいのかと思いながらもエントリしています。

 さて、そのCourregesというブランドは1961年、アンドレ・クレージュが自身の名を冠したブランドを設立したそうです。

 
【クレージュについて】

アンドレ・クレージュ(Andre Courreges)は1923年、南フランスのナヴァール地方の中心都市ポーの町で地主の息子として生まれる。当初は土木建築学を学ぶが兵役についたことをきっかけに飛行学校で学び、44年空軍パイロットとして兵役に従事。徐々にファッションに興味を持ち出し、第2次世界大戦後にパリに出てファッションを学ぶことを決意。

1946年、パリ高等服飾産業学院に入学し、47年にジャンヌ・ラフォーリのメゾンに入りデザインの基礎を学ぶ。51年、バレンシアガのメゾンに入り、衣裳構築の美学と技術を学ぶ。61年にバレンシアガのメゾンで出会い、後に妻となるコクリーヌ・バリエールと共に独立を果たす。

61年、パリのクレベール通りにサロンを開設して独立。初コレクションのデザインは造形的で、ミニを基調とした明るいイメージで、かつ動きやすい機能性を持たせたものであった。これが 大当りとなって一躍有名になったが、最初の4シーズンはバレンシアガの影響を強受けたものであった。それ以後はソフトで軽やかな傾向が強まる。

64年A/W、「パンタロンルック」を発表、イヴニングドレスとしてパンタロンを提案し、スポーティで機能的な傾向を強調した。「パンタロンルック」は63年にも提案していたが本格的に話題になったのはこの年。65年に「ミニ・ルック」とよばれるミニ・スカートを発表。このミニ・ルックは、それまでオート・クチュールでは表現されず最も醜い身体部分とされてきた膝頭を解放した。これは爆発的なブームをよんだ。(詳細は60年代ファッション)

65年のミニスカートの爆発的なブームに伴い、粗悪なコピーが氾濫。これに失望したクレージュは3シーズンにわたる活動を休止した。


 なるほど、1944年といえば第二次世界大戦でしたね。そしてパイロットとして兵役についていたのですね。
 そして、ミニ・スカート、パンタロンなどの発表をしてブームを呼んだものの、粗悪品の氾濫で失望したのでしょう。活動を中止したのは残念なことです。

 時代は変わり、今ではユニセックスなファッションが多く、歳を取りつつある私の年代でも、普段はズボンというかパンツルックが多くなりました。ある男性が、「女性がスカートをはかなくなったのは、何だか味気ないね」というようなことを言っていましたが、なるほど言われてみるとファッションのセンスは近年がた落ちのような気がします。

 ファッション性が高くないといけなとか、女性らしさを演出しないといけないとか、そんなことばかりを毎日の生活では言っていられませんが、それでもたまのおしゃれという点では何か工夫が必要ですね。

 そういえば、ご近所さんとPC研究会を開いていますが、着物が好きなんでしょうね、さらりと着物でパソコンを勉強に来る人がいます。その方は週末はご主人とよくゴルフにも行くんですけど。

 個人の好みや個性を引き出そうとするには、質の良いものを知り、さらに個人的な美の意識というものが大事なのでしょう。そうすると、今では何でもある時代ですから、選択するセンスと意思ということになってきそうです。
[PR]

by arrive_at | 2009-10-06 11:09  

フランスへ行く人のためのフランス語講座

 まずはフランス語からかな。

 フランスへ行く人のためのフランス語講座 より抜粋

まず、一番使うのが、「ありがとう」という言葉ですよね。お店で、ホテルで、街中で、何かされたらいつでも使います。そういうとき、"Merci!"(メルスィ)と言ってみましょう。これだけで、気持ちが通じ合えますよ。

次にあいさつ。「おはよう」「こんにちは」は"Bon jour"(ボンジュール)、 「こんばんは」は"Bon soir"(ボンソワール)といいます。お店に入ったら、一言あいさつしてみましょう。

では、数字に言ってみましょう。とりあえず、一から五まで。un(アン),deux(ドゥー),trois(トロア),quatre(カトル),cinq(サンク),
何か物を頼むときは、指をさして、例えば、「2つください。」というときは、"Deux,s'il vous plait"(ドゥ、スィルブプレ)といえばOK.

「はい」は"Oui"(ウイ),「いいえ」は"Non"(ノン)です。


 発音など全然知らないのですよね。なんだか口をつきだしてもごもご言えばいいんだろうと想像していますが。

 ムッシューなんか難しそうですもんね。ムスゥーみたいな感じかな?
[PR]

by arrive_at | 2009-10-03 11:01 | パリに行こう  

ブログタイトルを変えました!!

 1年に1回ずつの更新でしたので、ブログタイトルを変えてみました。

 というのも、このところ「パリに行きたい!!」と思っているのですが、なかなかタイミングが合わずに断念すること2回です。

 夏休みはロンドンに滞在してユーロスターでパリに行くという企画も没になり、また懲りずに絵の友達とパリに滞在して毎日ルーブル美術館に通うという企画もダメになり、完全にしょげています。

 その最大の理由は新型インフルエンザの大流行ということで、世界的に見てもパンデミック状態のフェーズ6が解除されないからです。

 そんなもの無視して行けばいいじゃないかということですが、ただいまわが家では国外への旅を自粛するという方向です。仕事に影響したりするといけないからね。

 ということで、本当にパリに行ける日まで、エントリしながら楽しみにしたいと思います。




 ところで、テンプレートの画像はそのままですが、いつ替えたのか覚えていませんがフランスのものでした。たぶんポン・ヌフとかセーヌ川にかかる橋ではないでしょうかね。まだ、パリには行っていないのでさっぱりわかりませんが。
[PR]

by arrive_at | 2009-10-03 10:05 | パリに行こう