<   2006年 10月 ( 23 )   > この月の画像一覧

 

韓国 宙合樓(ジュハップル)

c0082504_1424594.jpg

















海外旅行というのは驚きと感動を与え、日常の細かな出来事を一時忘れさせるものです。しかし、それも時間の経過と共にだんだんと薄れて行き、曖昧な記憶のかなたへと追いやられるのでしょう。

 まだ記憶が新鮮な内に、感想を交えて書き記すことにしましょう。


 大韓民国の首都ソウル(漢城)にはハンガン(漢江)という川が流れていますが、中心部はWの文字のように曲がっています。そのWの左の中央部に南山という山があり、頂上にはソウルタワーがあります。残念ながら今回もソウルタワーにはいけませんでしたが、そのタワーの北部に昌徳宮があります。昌徳宮の近くには宗廟や昌慶宮、国立中央博物館などもあり、ソウルでの観光は昌慶宮を除いて3ヶ所を巡ることができました。

 旅行前に地図を見てもピンと来ませんでしたが、地名としてはハンガンの近くからソウル市龍山区(YONGSAN-GU)、中区(JUNG-GU)、鍾路区(JONGNO-GU)と北側の山のほうへ向かっていきます。ソウル市内は山に囲まれた盆地だそうです。

 写真の宙合樓は昌徳宮(Changdeokgung)という宮殿の奥にある楼閣で、丁寧に石積みされた人工の池とその傾斜のある山に建てられていて、たいへん趣のある建物です。


↓--------------------------------------------------

 宙合樓は、朝鮮第22代王、正祖(ジョンジョウ)元年(1777)に建てられた2階建ての楼閣で、国の将来を担う人材を育て、学問を研究し、本を出版していたところである。

 下の階は、奎章閣(キュウジュンカク)の書庫であり、宮中図書館の役割をし、上の階は、読書や議論、瞑想と思焜の場として利用された。

 宙合樓が建てられた根本的目的は、その名のとおり、宇宙の理を集め、天の望む人格を磨き、統治理念を打ち出し、国を正しく導くための精神の道場にしようというものであった。

 
(「五大古宮・美しいソウル」宮内の売店で販売されているガイドブックより)

  
--------------------------------------------------↑



 写真の中で一番上にある大きな建物が宙合樓ですが、その前にある小さな門は魚水門と言います。


↓--------------------------------------------------

 この門は芙蓉亭の向かいの丘にあり、小慶会楼とも呼ばれた宙合樓の正門。

 門の構造様式は一種の三門形式の一脚門(二本柱の簡単な門)、国内では珍しく装飾された門である。

 宙合樓に比べると、その規模はやや小さいが、建物としてよりは蝮術という印象を与える。

 魚水門は王宮の後苑にある遊興場の正門として、その美しさを誇る。


(出典は同じ)


--------------------------------------------------↑


 人工の池は芙蓉池(ブヨンジ)と呼ばれ、写真の手前には写ってはいませんが芙蓉亭があります。芙蓉亭は、正面3間、側面5間に屋根が多角形で、「丁」の字と「亜」の字を合わせた形の亭子(あずまや風の建物)です。部屋の一部が池の中に突き出し、池の中から二本の柱が支えていて、障子戸を開くと水の上というような趣向があります。


↓--------------------------------------------------

 芙蓉池は天は丸く、地は四角いという東洋の伝統的な宇宙観によって造成された池である。四角い形の池は地を意味し、真ん中の丸い島は天を象徴している。

(入場時にもらった昌徳宮ガイドマップより)

--------------------------------------------------↑



 宙合樓の西側には書香閣(ソヒャンカク)があり、喜雨亭(ヒウジョン)は書香閣の北側の丘にあります。
 朝鮮第16代王の仁祖23年(1645年)に草堂(母屋から離れた草葺きの離れ座敷)として建てられました。本来は酔香亭と呼ばれていましたが、粛宗が干ばつの時にここに来ると雨が降ったことから、喜雨亭と改められました。現在は草葺ではなく瓦屋根です。

 宙合樓の後ろにある素朴な霄月光風観(ジェウォルクァンプンカク)は、後苑の景勝の中でも最も美しいとされています。オンドル部屋と板の間があります。


 書香閣、喜雨亭、霄月光風観は残念ながら見られませんでしたが、その広い敷地内にはたくさんの見所があり、時間の許される限り見たいものだと次の機会に期待することにします。


 秋のソウルは日本と同じ気候で、日中は24℃ぐらいで暖かく、紅葉を楽しむにはまだ少し早かったようです。もう少しすれば自然に囲まれたこの宮殿は四季の移ろいを楽しむことができるのでしょう。

 
[PR]

by arrive_at | 2006-10-25 14:22 | 韓国旅行  

韓国の色

c0082504_14261425.jpg























これは世界文化遺産の昌徳宮(チャンドックン)の写真です。



 1405年に朝鮮3代王が建てた宮殿です。

 歴史的な解説は置いておいて、この建物の美しさを味わってください。

 韓国の国花はムクゲだそうですが、梁の彩色や花の模様などが大変可愛らしく、明るく美しい国を象徴しているように思われます。

c0082504_14274862.jpg

















 女性の着物はチマチョゴリだそうですが、この色彩と同じく大変明るくて美しい色で、着る人を選ばず、幸せを感じる色使いです。

 大陸の文化は豪華です。
[PR]

by arrive_at | 2006-10-25 14:21 | 韓国旅行  

Seoul 韓国語、日本語、英語

c0082504_14285623.jpg















ソウルの日の出の写真を一枚。

 この旅は日本の国内旅行と同じです。バスに詰め込まれた人々が、同じ場所を観光して、同じ食事をして、ガイドの説明と解散や集合の時間を守り、同じ日本人のメンバーをとっかえひっかえしながら会話をしていました。

 海外旅行だというのに、韓国の人とほとんど会話をしていません。残念なことです。

 観光地や宿泊施設はほとんど日本語が使えましたが、それでも韓国語以外だと英語しか通じないところがありました。

 こちらもせっかく外国に来たのだから、現地の言葉を使ってみたいし、グローバルスタンダードな共通語としての英語でも話してみたかったです。しかし、こういった安全でコースの出来上がったツアーでは、そんなハプニングも冒険もありません。ただひたすら予定通りにコース逸脱もせず、海外の雰囲気を肌で感じるというような面白いこともせずに、バスという檻に入れて運び、無事に連れ帰るというスタイルは成功しています。

 一度だけ観光の途中で現地解散をしましたが、夕方と夜の自由行動が面白かったです。さっそく、地下鉄に乗るのを失敗し、電車の中で人の足を踏んでしまいお詫びしたり、ドイツビールのバーでディナーを注文したりとかが唯一の冒険でした。

 そういったときに使う言葉は英語しか出てきませんが、韓国は教育熱と英才教育のレベルが高いそうですが、街ではやはり母国語の韓国語ばかりでした。たぶん、日本でもそんな感じなのでしょうね。まだまだ、英語はその国民一人一人が使えるという訳ではありません。

 日本の小学生に英語教育の導入をすることの是非が問われていますが、母国語教育が大事だというのもわかりますし、でも、世界共通語の会話に早くから慣れさせるという必要性もわかります。

 一歩自国を出たら、共通語の普及とその利用はとても便利ではないかと思います。なかなか他国語の習得は時間がかかりますからね。

 日本語と第二外国語の習得は必須です。しかも、それはきっと英語が世界で一番便利ではないでしょうか。


 それにしても、韓国語の会話集を何度も広げては、チャンスがあれば韓国語を使おうと努力していた友達には敬服します。それこそが正しい海外旅行の姿でしょう。
[PR]

by arrive_at | 2006-10-25 14:20 | 韓国旅行  

Seoul 女子高校生

c0082504_14381054.jpg












どこに行っても、若い娘には勝てません。

 世界遺産の昌徳宮(チャンドックン)は朝鮮王朝の離宮として1405年に造られました。とても美しい宮殿で、広くてたくさんの建物がありました。

 さて、日本語のガイドが始まる9時10分まで時間があったので、正面の入場口近くで写真を撮っていましたら、韓国の女子高生に「こんにしょあー」に近い発音で何人もに声を掛けられました。

 どうも、女子高生も入場待ちのようで、あまりにも暇なので日本人客に声を掛けて遊んでいるようです。ひとこと日本語を言ってはみんなでキャーキャーと騒いでいるようで、しっかりと遊ばれてしまいました。

 それだけではつまらないので、一グループを呼んで記念撮影です。

 「いーち、にーい、さん、でピースよ!」とシャッターのタイミングを教えましたが、みんな乗りはよかったようです。

 女子高生の、この明るく屈託のない笑顔が最高でした。
[PR]

by arrive_at | 2006-10-25 14:19 | 韓国旅行  

Seoul 漢江(ハンガン)

c0082504_14394232.jpg
















韓国世界遺産周遊の旅で最後の日に撮ったソウルの風景です。

 ハンガンは大きく広い川です。地図を見るとダブリューの形に沿って描かれていますが、オリンピック道路から対岸を撮影しました。

 早朝、朝日がビルを照らしていますが、ぼんやりした景色の後ろには山があり、その頂上付近にはソウルタワーが見えます。写真ではわかりづらいのですが、ソウルタワーは行ってみたかったけど今回は残念ながら遠くから眺めるだけでした。

 この写真は感情移入しないと何の変哲もないものと映るでしょう。しかし、韓国映画の「四月の雪」のなかで苦悩するペ・ヨンジュンさんの演技を思い出すと、ソウルらしい景色の一つではないかと思ってしまいます。

 きっと、冬の季節になるとこのあたりも雪が降りしきって、その映画を思い出すような感じになるのでしょうね。
[PR]

by arrive_at | 2006-10-25 14:18 | 韓国旅行  

韓国についての勉強 1

いつも小字を練習している自分の習字の筆で、スケッチブックにいろいろ書いてみました。



ソウルの中心地
c0082504_1451221.jpg











ハングルの発音表
c0082504_14515775.jpg













 韓国旅行が決まって、いよいよ旅の準備を始めています。韓国は漢字の国とはいえ、今はハングル表記の看板や文字がたくさんです。日本でいうとひらがながたくさんあるのと同じでしょうか。

 このハングルは発音の表示ですので、一つ一つに意味はありません。日本でも「あ」とか「も」などの一文字では何のことか分からないのと同じです。

 このように発音ができても、単語自体を覚えないとその発音だけ読めても意味が無いことに気付きました。例えば日本語で「あんこ」と読めても、餡子という小豆などをすりつぶし砂糖と煮て練ったものが分からなければ、読めても理解できないことになります。

 韓国語の発音からのアプローチは、会話のように耳で入ったものを何度も使って覚えることのほうが一番簡単なように思います。そしてその発音の表記をまずローマ字で表わして、それを日本語ではカタカナにし、韓国ではハングルにするということではないでしょうか。日本の寿司なら、それをSUSHIと覚え、日本語では「スシ」ということになります。

 外国語を覚えるのは大変ですが、もっと簡単に覚える方法はないか探したいと思います。
[PR]

by arrive_at | 2006-10-25 14:15 | 韓国についての勉強  

韓国についての勉強 2

最近の老眼でガイドブックの文字が読み辛くなりました。濁点だか半濁点だかよくわかりません。特に光量の少ない暗い部屋や夜の明かりでは焦点がぼやけます。
 旅先でガイドブックを読んでいないで、旅に出る前にガイドブックを拡大して書き、一度頭の中に内容を入れておこうかと無駄な努力をしています。


韓国と日本の九州との位置
c0082504_14485763.jpg











メニューの表記、ハングルとカタカナ
c0082504_14494095.jpg












 韓国語と中国語の辞書は持っていませんし、買う予定もないので、ガイドブックの知識だけで乗り切ろうと考えています。

 英語圏での旅先の会話で必要だったものは何だったっけ…。

 はい/いいえ   これは絶対必要ですね。
 こんにちは    挨拶は基本ですね。
 ありがとう    コミュニケーションは心から。


 これだけで乗り切れるのでしょうか?
[PR]

by arrive_at | 2006-10-25 14:15 | 韓国についての勉強  

ソ・ジソブの「ごめん、愛してる」

















この一週間でDVDを見まくりました。

 「ごめん、愛してる」はタブーのあらずじを先にインターネットで読んでしまったので、たいして期待はしていませんでした。

 現在、「バリでの出来事」が放映中ですが、その中に出てきたソ・ジソブという男優を調べていて、この「ごめん、愛してる」が大変面白いという情報をキャッチしました。

 早速DVDをレンタルして、6話、6話、2話、2話と計16話のドラマを見ました。毎日忙しかったです。

c0082504_14534030.jpg

















 このドラマはどこのHPやブログでも泣けるという話でしたが、先にストーリーを読んでいるので、そう簡単には感情移入ができませんでした。しかし、残り4話あたりから、心にジーンと来るシーンが増え、最後の2話では、やはりティッシュの箱を引き寄せて、ぽろぽろと流れる涙を拭いました。泣けるドラマです。

 ソ・ジソブという一重まぶたの男優は、この作品ではたいへんよく映っています。お勧めです。しかも、高校まで水泳選手だったようで、作品の途中に泳ぐシーンがあり、変なバタフライや飛び込みのかたちを観察すると、どうも平泳ぎの選手のようです。ましてや、猫背、ベタベタ歩きは北島康介選手と同じく、平泳ぎ専門のひとの特徴です。スイムキャップとゴーグルの感じは高安亮選手と比べても、その精悍さは負けません。マッチョな男優です。

















 今の韓国芸能雑誌の表紙を飾るソ・ジソブですから、せめて、一つでも作品を見ておかなくてはと、短期決戦で見終えました。

 韓流の流れは良くはわかりませんが、とりあえず、ヨン様とジソブ様は見分けがつきますぜ!

 空港でバッタリ会ったら、ちゃんとサインをしてもらいま~す。

 (作品紹介ではありませんでした。)
[PR]

by arrive_at | 2006-10-25 14:13 | ごめん、愛してる  

カン・ドンウォンの「デュエリスト」 その3

 「デュエリスト」をご覧の方は分かると思いますが、この映画は興行的にはあまりよくなかったそうです。その理由については観ればわかるという言葉しかないでしょう。

 「チェオクの剣」と同じ感動を期待したのならば、それは裏切られたことでしょう。また、原作「茶母」と「チェオクの剣」のストーリーを良く知り、それの亜流としてこの「デュエリスト」を楽しんだ人は、この映画の特徴がよくわかったことでしょう。マニアには受ける映画です。

 さて、それでは「チェオクの剣」と「デュエリスト」の映画の違いを比較しましょう。

 ネタバレにご注意!


----------------------------------------

【チェオクの剣】
















17世紀末の朝鮮王朝時代を舞台にしたスーパーアクション時代劇。捕盗庁(ポドチョン=当時の警察)の茶母(タモ=役所の下働きの女性)チェオクはその聡明さとずば抜けた武術の腕が認められ、犯罪事件の捜査で活躍していた。上司のファンボ・ユンとは身分の違いがあるものの兄妹同然に育ち、互いに思いを秘めた間柄。そしてチェオクには幼いころに生き別れた本当の兄がいた……。

韓国で放送された当時、このドラマのファンは「茶母嬖人(タモペイン)」(嬖人とは「お気に入りのひと」「熱狂的なファン」という意味)と呼ばれるなど熱狂的な支持を得た異色作。
原題:茶母 2003年韓国作品



----------------------------------------
 
 「チェオクの剣」では、上司のファンボ・ユンとの身分違いの恋、その後、ソンベクとの惹かれあう出会い。それらがチェオクの心を揺らし、苦しめることになります。

 正義と恋の狭間で次々と物語りは進行して行き、ハラハラドキドキの連続でした。原作をドラマ化したそうですが、大変面白く、時代劇の様子も十分伝わってきます。


----------------------------------------

 【デュエリスト】
















悲しい目: 「前に会いましたね。世の中には絶えず移ろうものが三つある。それは猫の目。晩秋の空の色。そして、もう一つは女性の顔。」

 剣を抜き二人はそれぞれに構えるが、「悲しい目」は部屋の外の気配に飛び出していく。メイ・ポウリャンという偽名を使い、きれいに化粧をしたナムスンは剣を部屋に放り出し消える。

















[愛してしまったその人は、闘うことが宿命の美しき刺客]

 時は朝鮮王朝。世間を騒がす偽金事件を捜査するため、人々で賑わう市場に潜入した女刑事ナムスンは、仮面の男の華麗な剣の舞に目を奪われる。次の瞬間、小さな金の仏像の受け渡しをしていた男たちが斬り捨てられる。犯人は仮面の男だ。ナムスンは男を追って剣を交えるが取り逃がしてしまう。残されたのは、仏像に隠されていた偽金用の鋳型と、割れた仮面から覗く哀愁を帯びた眼差しの面影。それが刺客「悲しい目」との出会いだった。

 この世のものとは思われぬほど美しいカン・ドンウォン。『彼女を信じないでください』の不器用な“Mr.唐辛子”や、『オオカミの誘惑』の守ってあげたい弟役がかすむほど、磁器のような白い肌、憂いをたたえた瞳と低い声を持つ刺客「悲しい目」の両性具有的な妖艶さは強烈で、それこそがこの異色時代劇の最大の魅力だ。ナムスン役のハ・ジウォン主演でカルト的人気を博したTVシリーズ「チェオクの剣」と同じく人気コミック「茶母」が原作ながら、まったく趣を異にした本作は、しなやかに舞うような殺陣と鮮やかな色彩で描く、いわばファンタジー・アクションといったところか。ナムスンの師匠である先輩刑事アンを軽妙に演じるのは名優アン・ソンギ。



----------------------------------------


 「悲しい目」と呼ばれる刺客は長官に恩のある忍びの者です。長官を信じてそのダーティーな仕事を続けてきたにもかかわらず、ナムスンに出会って恋をします。それは恩のある人を裏切り、しかし、恋した相手も自分の立場上闘う相手となります。

 最後には謀判者の長官が捕らえられようとするのですが、最後の抵抗をして長官は切られてしまいます。その長官に仕えた「悲しい目」の刺客も死んでしまいます。

 ナムスンにとって、恋をした「悲しい目」の死は信じがたいものです。「悲しい目」に会えるはずはないけど、夢の中か幻を見ているのか、愛しい人「悲しい目」とお互いに剣を交えるシーンはファンタジーの世界を美しく表わしているようです。

 「チェオクの剣」はリアルなストーリーのドラマで、「デュエリスト」は悲恋の美しさとはかなさを、剣の舞と独自の映像美で映し出しているように思います。

 どうぞ、このフィーリングを楽しんでください。

 
 私ですか?私は「チェオクの剣」も「デュエリスト」も、どちらも好きですよ。

 マニアックな感じの映画もいいので、これは韓国映画も侮れませんぞ。




 追記: 韓国語「DUELIST」ホームページは音楽が鳴り出しますが、素敵です。
[PR]

by arrive_at | 2006-10-25 14:11 | デュエリスト  

カン・ドンウォンの「デュエリスト」 その2





















 タイトルの「デュエリスト」というのは、なかなか若者向けかマニア向けという語感ですね。

 実際に「遊☆戯☆王デュエルモンスターズGX」などは有名なカードゲームで、日本でもかなり前からちびっ子に流行っていました。

 dueler(名)決闘者。闘争者。という意味で、この映画のストーリーでは女刑事と刺客は宿敵となります。互いに闘う身でありながらも惹かれあっていくという悲しいラブストーリーでしょう。これは「チェオクの剣」を観て、物語を十分理解し楽しんだ人でないと、この作品を楽しむのは難しいかもしれません。

 アニメの世界で「機動戦士ガンダム」というとっても人気のある映画があります。これはモビルスーツで闘う未来型戦士の物語ですが、この関連商品として「SDガンダム」という2頭身のプラモデルが開発されました。リアルタイプと比べるとコミカルで可愛いのですが、特徴がよく出ています。ガシャポンやゴムの人形などで簡単に手に入り、オリジナルの変形ですがキャラクターとしてはとても人気が出ています。

 このように、原作を離れて発展していくものもあるのでしょう。「デュエリスト」という映画はそんなふうに拡大解釈して生まれたもののようです。原作を良く知っている人たちが、さらに拡大されたストーリーなり、画像の雰囲気なりを楽しむための作品は、ストーリーの分からない人には不評だとは思いますが、一般向けするやさしい作品では表現できない、マニア向けともいうのでしょうか、さらに突っ込んだ作品つくりのされている映画だと思います。

 私の感想はこれくらいにして、いろいろな評判の中から、この作品を上手く表わしている文章を抜粋しました。

ネタバレにご注意!



------------------------------------------

脚本ではなくイメージで見るべき映画…odys


そう悪くない作品だと思います。

まず注意すべきは、これは脚本で見せる映画じゃないということ。筋書きの一貫性だとか細かい工夫、設定が時代背景に合致しているかどうか、なんてことは気にしないで見なくてはなりません。なにしろ、日本の室町時代に製作された剣が朝鮮に入ってきていて(そこまではいいけれど)、その剣になぜか「夏草や、つわものどもが夢のあと」という芭蕉の句が刻まれているってんですから、真面目に考えちゃいけません(笑)。

じゃあ、何を見るべきなのか。場面ごとの効果、イメージ、そして言うまでもなく主演二人の思い、といったところです。そういう面から見るならば、この映画は決して駄作ではなく、むしろ平均を少し超える出来と評価できると思います。

二人の殺陣は、いわば二人が舞踏に興じているのであって、ヒーローとヒロインの愛の表現なのですね。特にラストシーンでの幻想の殺陣では、そういう暗示が強く出ていると感じられました。

惜しむらくは、ヒロインのヒーローに対するねじれた想いがイマイチよく表現されていないこと。強いけれどがさつでドジなところもあるヒロインが女っぽくなっていく過程をもっと出すべきだった。
また、二人が2度目に戦うシーンでも、ヒロインは最初たるんだ顔をしているのですが、殺すか殺されるかなのですから、いくらヒロインに滑稽味があるという設定でも、最初から真剣な表情でないとおかしいでしょう。
こういうところがうまくいっていれば、傑作と言っていい作品になったのではないでしょうか。

------------------------------------------


 odysさんの言うように、イメージで観るというのはアニメなどのファンタジー作品には大事なことのようです。原作や登場人物をあらかじめ知っている上で、その作品の場面場面を丁寧に表現するというのは、ファンにとってはこの作品をもっと楽しむことになると思います。

 私も一回目に観たときは、何だか説明不足のように感じましたが、二回目に観た時には映像の美しさと、華麗な舞い、初恋のドキドキ感などが良く表わされていると思いました。ちょっと映画の味わい方を変えてみると、大変良い作品だというのが分かります。

 これはオタク傾向のある人に向いているのかもしれません。

 私は…ちょっとオタクかな。


 続く
[PR]

by arrive_at | 2006-10-25 14:10 | デュエリスト