カテゴリ:ごめん、愛してる( 11 )

 

ソ・ジソブの「ごめん、愛してる」

















この一週間でDVDを見まくりました。

 「ごめん、愛してる」はタブーのあらずじを先にインターネットで読んでしまったので、たいして期待はしていませんでした。

 現在、「バリでの出来事」が放映中ですが、その中に出てきたソ・ジソブという男優を調べていて、この「ごめん、愛してる」が大変面白いという情報をキャッチしました。

 早速DVDをレンタルして、6話、6話、2話、2話と計16話のドラマを見ました。毎日忙しかったです。

c0082504_14534030.jpg

















 このドラマはどこのHPやブログでも泣けるという話でしたが、先にストーリーを読んでいるので、そう簡単には感情移入ができませんでした。しかし、残り4話あたりから、心にジーンと来るシーンが増え、最後の2話では、やはりティッシュの箱を引き寄せて、ぽろぽろと流れる涙を拭いました。泣けるドラマです。

 ソ・ジソブという一重まぶたの男優は、この作品ではたいへんよく映っています。お勧めです。しかも、高校まで水泳選手だったようで、作品の途中に泳ぐシーンがあり、変なバタフライや飛び込みのかたちを観察すると、どうも平泳ぎの選手のようです。ましてや、猫背、ベタベタ歩きは北島康介選手と同じく、平泳ぎ専門のひとの特徴です。スイムキャップとゴーグルの感じは高安亮選手と比べても、その精悍さは負けません。マッチョな男優です。

















 今の韓国芸能雑誌の表紙を飾るソ・ジソブですから、せめて、一つでも作品を見ておかなくてはと、短期決戦で見終えました。

 韓流の流れは良くはわかりませんが、とりあえず、ヨン様とジソブ様は見分けがつきますぜ!

 空港でバッタリ会ったら、ちゃんとサインをしてもらいま~す。

 (作品紹介ではありませんでした。)
[PR]

by arrive_at | 2006-10-25 14:13 | ごめん、愛してる