CHANEL ROUGE ALLURE 24 EVOCATION


by arrive_at

カテゴリ:徒然日記( 11 )

パリは遠くになりにけり

あらあら、前回のエントリから1年近く経ってしまいました。

といってもその1年間で色々なことがあり引っ越しをしたりして、今ではプチ豊かな毎日です。

だってリヴィングも広くなり、バルコニーも広くなって色々な花を植えて楽しんでいますもの。w

一つ問題があるとすれば、若さと苦労がなくなったことでしょうか。

まあ、歳を取るとはこういうことですし、人生はどんどんと前へ進んでいくということでしょうか。

そういえば、最近友達が増えました。ボランティアに行って仲良くなりました。にこっ。

そしてもっともっと遊びたいですね〜。

次回までに色々と試してみますね。
[PR]
by arrive_at | 2014-05-21 22:40 | 徒然日記

大晦日の前日は晦日

 今年もあと1日となりましたが、なかなかいろいろとあった1年でした。
 
 冬の引越し、春のルーブル美術館探訪、新しいスポーツ、水彩クラブへの復帰と、自分としては変化の年だったと思います。

 一番変化したのは、これからの近い将来に向けて考え方が固まってきたことと、趣味の世界を広げた途端、仲間が急に増えたということ。

 しかし、やはり基本は自分自身がしっかりと目標を持っていないと何事も成果は生まれないだろうということでしょうか。

 住む場所も変わり、新しい出会いもあり、気持ちを変えて一歩踏み出せば何かがはじまるということを実感しました。

 最近調べた言葉から、「歳月人を待たず」 というのがあります。

 年月は人の都合などにはお構いなしにどんどん過ぎ去ってゆくものだ。
 若いときにはやるべきことを努力してやれの意で使うが、
 本来は、人生はすぐに過ぎ去ってしまうものだから、
 酒の飲める若いうちに大いに飲んで楽しむのがよいの意。



 なるほど、月日の経つのは早いというか、絶対に待ってはいないというのは実感します。だからこそ、遠慮せずに躊躇せずに、自分を信じて前に進むということの大事さがあるのでしょう。

 生きるとは生きている間に感じることでしょうから、それを自分で自覚するというのがポイントですね。
[PR]
by arrive_at | 2010-12-30 21:35 | 徒然日記

横浜スケッチ

 2010年も師走となりました。

 今年は念願のパリ・ルーブル美術館に行くことができましたし、10月からは水彩画クラブに8年ぶりで再入会しました。

 若い時からの趣味を続けるのはなかなか難しいのですが、それでも日々変化をするものと、繰り返して同じことをするものがあるとしたら、自分の得意なものは繰り返すことができるのでしょうか。

 約30名ほど在籍するクラブですが、いつもは20名を超える出席率だそうで、平均年齢80歳代とご長寿クラブではありますが、面白いので皆さんと一緒に絵を描いています。

 昨日は横浜のスケッチでした。絵具の使い方がいまいち分からないので絵の出来には不満足ですが、それでも異国情緒漂う港を満喫できたと思います。

c0082504_8535635.jpg

[PR]
by arrive_at | 2010-12-02 08:54 | 徒然日記

京都のコーヒーショップ

c0082504_23352961.jpg


 京都は日本で一番コーヒーの消費量が多いそうです。

 四条から三条へ向かっていくと、イノダコーヒの本店がありました。

 ケーキセットは880円。ラムロックというケーキはラム酒も程よくチョコレートも合っていました。

 この後、烏丸御池から地下鉄で京都駅へ直行し、JR新幹線で帰路につきました。

c0082504_23354529.jpg

[PR]
by arrive_at | 2009-12-03 23:39 | 徒然日記

京都四条

c0082504_2332682.jpg



 京阪本線で祇園四条駅下車したのは午後3時頃です。

 鴨川から新京極、そして錦市場へと街歩きを楽しみました。


c0082504_23324018.jpg

[PR]
by arrive_at | 2009-12-03 23:34 | 徒然日記

京都三昧

2009年11月30日

京都でランチ ということで、京懐石生ゆば料理をいただきました。
そのあとは東福寺の紅葉を堪能しました。素晴らしかったですよ。

写真は境内の日差しを写しました。

c0082504_22391573.jpg

[PR]
by arrive_at | 2009-12-02 22:32 | 徒然日記
 ハロウィンが終わったとは言え、デザインをすぐにクリスマスにしたのは早すぎでしょうか。

 しかし、これといったものを見つけたらすぐに取り掛かるほうがいいですね。時期を逃すよりは。

 私は別にキリスト教徒ではありませんので、日本にたくさんいる無宗教者の一人ではありますが、アメリカやヨーロッパ、その他の国々でのクリスマスの楽しみを考えると、早速私も楽しませていただこうと思います。

 フランスには行きたいのはやまやまですが、その前に京都の旅をエントリしたいと思っています。日本でもかなり面白い土地だからです。こうご期待!
[PR]
by arrive_at | 2009-11-03 10:24 | 徒然日記
 チネチッタという神奈川県川崎市にある映画街は、この時期にはハロウインの飾り付けがなされ、仮装大会も催されます。けっこう雰囲気が楽しめますので、面白いですよ~。

 私はやはりティム・バートンの映画がこの時期は見たくなりますね。

●1958年8月25日~/アメリカ/監督(演出家)
http://homepage1.nifty.com/sountolab/timpro.htm

 B級映画に対する過剰な偏愛振りを抱えながらも、アニメーター出身らしい画面を構築する技術がバートン作品の最大の魅力だと思います。「シザーハンズ」や「ナイトメア~」等はセンチメンタルなニュアンスが強い分、幅広い層から支持を集め、特に後者は公開から13年を経た現在でも根強いを誇ります。
 マイノリティーな登場人物を常に物語の中心に置いていましたが、「エドウッド」あたりから作風が大きく変わり、作品がヒットしても「猿の惑星」など”空っぽ”な大作映画を躊躇なく手掛ける姿勢に、溜息を隠さない熱狂的なファンも少なくありません。(泣)

 1982年 『ヴィンセント』  脚本・監督・製作/ティム・バートン  音楽/ケン・ヒルトン

 1982年 『フランケン・ウィニー』  原案・監督/ティム・バートン  音楽/マイケル・コンヴァティーノ+デヴィッド・ニューマン

 1985年 『TVヒッチコック劇場』 「壺」  監督/ティム・バートン  音楽/ダニー・エルフマン

 1985年 『ピーウィーの大冒険』   監督/ティム・バートン  音楽/ダニー・エルフマン

 1988年 『ビートルジュース』   監督/ティム・バートン  音楽/ダニー・エルフマン

 .1989年 『バットマン』  監督/ティム・バートン  音楽/ダニー・エルフマン

 1990年 『シザーハンズ』  原案・監督・製作/ティム・バートン  音楽/ダニー・エルフマン

 1992年 『バットマン・リターンズ』   監督・製作/ティム・バートン  音楽/ダニー・エルフマン

 1993年 『ナイト・メア・ビフォア・クリスマス』  原案・製作・キャラ・デザイン/ティム・バートン  音楽/ダニー・エルフマン

 1994年 『エド・ウッド』  監督・製作/ティム・バートン  音楽/ハワード・ショア

 1995年 『バットマン・フォーエバー』  製作/ティム・バートン  音楽/エリオット・ゴールデンサル

 1996年 『ジャイアント・ピーチ』   製作/ティム・バートン  音楽/ランディー・ニューマン

 1997年 『マーズ・アタック』   脚本・監督・製作/ティム・バートン  音楽/ダニー・エルフマン

 1999年 『スリ-ピー・ホロウ』  監督/ティム・バートン  音楽/ダニー・エルフマン

 2001年 『猿の惑星』  監督/ティム・バートン  音楽/ダニー・エルフマン

 2003年 『ビッグ・フィッシュ』  監督/ティム・バートン  音楽/ダニー・エルフマン
[PR]
by arrive_at | 2009-10-12 22:43 | 徒然日記

お久しぶりの徒然日記

 いやいや、ブログ更新をまるっきりさぼっていました。 

 約1ヶ月半ぶりですが、少しは書き込みをしようと思っています。

 今までとは違った内容で、誰に語るでなし、気の向くままでしょうか。


 で、次はローマなんちゃって。
[PR]
by arrive_at | 2007-10-02 15:55 | 徒然日記

夏休み

 すみません。ただいま夏休みをしています。

 現在の読書は、塩野七生さんの「ローマ人の物語」です。

 冬にはイタリアを旅したいと思っていますので、ぼちぼちと勉強中です。

 連日の猛暑で暑さによるストレスを感じている方も多いと思いますが、

 とにかく自然現象には逆らわず、体力の温存と精神の休養でこの暑さを乗り切ってください。

 私は心臓への負担を減らす為に、炎天下の虫のようにじっと過ごしています。

 気候の優しい時期になったら、又がんばります。

 しばらく待っていてね。
[PR]
by arrive_at | 2007-08-19 23:42 | 徒然日記