CHANEL ROUGE ALLURE 24 EVOCATION


by arrive_at

カテゴリ:東京国立博物館( 2 )

 今月の3月20日から6月17日までレオナルド・ダ・ヴィンチの展覧会が開催されています。

 レオナルド・ダ・ヴィンチ ―天才の実像


■東京国立博物館
  第1会場: 本館 特別5室
  第2会場: 平成館 特別展示室

■2007年3月20日(火)-6月17日(日)

■午前9時30分-午後5時
  (ただし金曜日、4月27日(金)-5月6日(日)は午後8時まで、土・日曜、祝日は午後6時まで/入館は閉館30分前まで)


 
 私も昨日3月28日に行ってきましたので、感想を書こうと思います。

【準備】
 入場券は前もって買っておく。
 金属探知機でのチェックがあるため、危険なものは持っていかない。
 当日は9時30分開館なので、早く行って並ぶ。

【当日】
 8時30分にJR上野駅動物園口で友達と待ち合わせ。
 東博(東京国立博物館)では入場券売り場の列と、すでに入場券を持った入館の列に分かれているので注意。
 平日8時45分で前から30人目ぐらいだった。4列で並ぶ。

【開館】
 開館10分前ぐらいに、係員に従って前庭まで誘導される。
 本館の「受胎告知」の部屋に入室する前に荷物をあずけて金属探知機のゲートをくぐる。
 持ち物は鞄の口を開いて係員に見せる。
 音声ガイドを500円で借りる。



 このような状態で「受胎告知」と対面できました。つづら折の見学通路が坂を下りるように作られているので、遠くからも見ることができます。絵の前にはガラスがありますが、反射がないのでとても見やすい状態でした。通路は2列か3列で通過しますが、絵に近い側は満員で停滞しているので、2列目ぐらいでやや立ち止まりながらもゆったりと見るほうが、ストレスは感じなかったと思います。混雑による前後左右からの圧迫って、気持ち的にもストレスが高まりますものね。

 絵の感想は、それはたいしたもので、筆致もよくわかり、絵の具も鮮やかという感じで、写真や画像よりも青っぽかったと思いました。レオナルドが20才の時に描いた絵というのは、その天才ぶりに驚くことでしょう。15世紀の作品とはいえ、その保存がいいのはイタリアの美術館の努力の賜物でしょうか。

 本館ではこの絵画一点だけですが、次に平成館ではレオナルドの科学に対する取り組みを展示しています。現在では科学と思想とは分けていますが、レオナルドの時代には宗教による支配が強いようで、科学的な考え方や実証という点でも理解されていたかどうか疑問です。

 「魂は脳に宿る」 というタイトルの展示を見ましたが、今では精神用語と医学用語は分けていますので違和感がありました。それでも、脳内に思考する働きがあり、感情も思想も全て脳の働きによるものだと、その当時は言っても信じられなかったのではないでしょうか。

 また、レオナルドのデッサンは正確で緻密ですが、そういった芸術性だけでなく、人体の比率や解剖による人体の構造の把握なども行い、数学的、物理的、医学的な要素が研究されていたようです。

 ざっとした感想ですが、天才の仕事が網羅され、発明発見されたこともたくさんあり、何でも研究家というような印象を持ちました。


 当時はレオナルドのことを人々はどのように評価していたのかが気になります。





 
[PR]
by arrive_at | 2007-03-29 13:20 | 東京国立博物館
 春めいてきた今日この頃ですが、そんな時にはサンドロ・ボッティチェリ作「春(プリマヴェーラ)」などを画集で見ながら、ヨーロッパの中世の時代、15世紀前後のルネッサンスの作品を思い起こすのもいいものです。

 しかし、ルネッサンスって何でしたっけ。

 
 ルネサンス(仏: Renaissance 直訳すると「再生」)とは、一義的には、14世紀 - 16世紀にイタリアを中心に西欧で興った古典古代の文化を復興しようとする歴史的・文化的諸運動を指す。また、これらが興った時代(14世紀 - 16世紀)を指すこともある。
 イタリア・ルネサンス以前の時代にも古代文化の復興運動があったとして「○○ルネサンス」と呼ぶこともある。日本では長らく文芸復興と訳されてきたが、(文芸のみでなく広義に使われるため)現在では余り使われない。  (Wikipediaより)



 西暦が始まってから、ローマ時代、初期キリスト教、ビザンチィン、中世初期、ロマネスク、ゴシックと時代と様式が変わる中、次々と天才芸術家が現れたのでした。ローマ・ギリシャ美術の模倣だけでなく、自然の美、現実世界の価値観の再発見など、新しい人間中心主義の世界観をあらわすことになったようです。

 イタリア・フィレンツェという商業都市には今も有名な作品が集められていますし、その栄華の名残が感じられるそうです。残念ながら、行ったことはありません。


 作品の紹介はさて置いて、有名な画家や彫刻家の活動時期を整理してみました。

 ドナテルロ  (1380-1466)
 フラ・アンジェリコ  (1400前後-1455)
 ボッティチェリ  (1445-1510)
 レオナルド・ダ・ヴィンチ  (1452-1519)
 ミケランジェロ  (1475-1567)
 ラファエロ  (1483-1520)
 ティツィアーノ  (1490-1576)

 それぞれの影響が作品に表れ、そして、お互いを意識しながらの活動だったとも言えそうです。

 
 ルネッサンスを考えると、その前に紀元前500年ごろのクレタ・ミュケナイ・ギリシア文明で見つかった彫刻などの素晴らしさがより分かりますし、また、このころに作られた青銅での作品が錆びてしまい、300年後ぐらいにローマ時代に大理石による復刻彫刻の技術も見逃せません。

 そして、15世紀に新たに彫刻や絵画による表現が華開いたというのは、やはり芸術が時代を刺激し続けているということでしょうか。現代もまたその時代の刺激を受けながら、試行錯誤の連続ではないでしょうか。歴史は振り返って分かるもので、時代の進化はその最中はあまり良くは分からないのかもしれません。

 古くて新しい言葉であるルネッサンスですが、その時代の作品の美しさと素晴らしさが今でも見ることができるのが嬉しいことですね。私にも、ちょっとイタリアに行こうかといえる日が来て欲しいものです。
[PR]
by arrive_at | 2007-03-29 12:17 | 東京国立博物館