昔日のローマ #13

 紀元前753年以来244年間も続いたローマ王制時代は終わり、その間に現れた七人の王についても書き終わりましたが、それでも、このメモの元になる「ローマ人の物語Ⅰ」は第1巻にして、まだ半分もいっていません。

 そんな大掛かりな時代メモを書き出したのが間違いかもしれませんが、とにかく、端折ってでも進めていきたいと思います。


 紀元前509年、王制打倒を果たしたのは、ルキウス・ユニウス・ブルータスでした。第1回目の執政官はブルータスとコラティスを選出し、今後は王位は誰も就かず、1年ごとに市民集会で執政官を選ぶというきまりにしました。

 ブルータスはあだ名で、母方の叔父は王タルクィニウスで、姓もブルータスではなかったのです。先王の時代を「阿呆」(ブルータス)と軽蔑されながら耐えていたのが、先見と実行の能力を持ち、改革の主導者となりました。

 元老院の強化策として、ロムルスの時代は100人、五代王タルクィニスの時代は200人、そして、ブルータスの時代は300人に増やしました。

 その元老院での演説のはじめの呼び掛けの言葉は、「パートレス・コンスクリプティ」でした。その訳は「父たちよ、新たに加わった者たちよ」ということで、旧勢力と新参者を表わしています。

 そして、王制から共和政への移行はなかなかたいへんで、変革があり、不満が出たり、いろいろなことが起こりました。


【ブルータス】
 
 ローマ共和政により、元老院に親が死ぬまで入れない若者反逆を企てました。そして、追放されたタルクィニスを呼び戻し、王政復古を企てたのですが密告されます。逮捕された中には、執政官のブルータスの息子二人もいました。

 国家反逆罪の罪人として、ブルータスは家長として息子二人を処刑しました。ブルータスはその処刑が終わるまで同席したのですが、その潔さへの賞賛とは反対に、もう一人の執政官コラティスは疑いがあると市民に見られたのか、執政官を辞退し、家族ともども隣国に亡命しました。自主的に亡命したものには罪は問わないという決まりがありました。 

 その後の執政官にはヴァレリウスが就きました。

 七代目の先王タルクィニスは王位復帰をあきらめず、諸都市に応援を求め、戦いがはじまります。

 タルクィニスの長男アルンテスとブルータスが一騎打ちをするのですが、お互いにいとこ同士です。しかし、アルンテスには追放された怒りがあり、ブルータスには公人と私人の狭間を埋め切れなかった者の絶望がありました。
[PR]

by arrive_at | 2007-11-02 21:24 | イタリア  

<< ファン・ジニ 昔日のローマ #12 七代目 ... >>