CHANEL ROUGE ALLURE 24 EVOCATION


by arrive_at

Spring Waltz#10-1/4

春のワルツ 第10話 かけがえのない友


====================================================

 やっと前半の10話に来ました。オーストリアでの出逢いから、韓国での再会。スホとウニョンの子どもの頃の出来事など、ドラマが進むにつれて運命の再会の理由がわかってきました。チェハとウニョンはつらい過去を乗り越えて、これからどのように関わっていくのでしょうか。

 後半にはリュ・シオンさんの実家も映されているそうで、フィリップの母親の実家という設定で少しだけ見ることができるそうです。また、韓国での放送で使われた場面と使われなかった場面や、今回の日本版に際してユン・ソクホ監督の編集されたものが放送されたそうですが、その比較についてはWikipediaの「春のワルツ」に詳しく記されています。

 この春のワルツのレビューはテキストのみで、実際に自分でビデオデッキで録画したものから書き起こしています。上手い表現はなかなか難しくて出来ませんが、少しでも映像を思い出したていただけたら幸です。10話は録画をするのが遅れたために、最初の部分は他のサイトからの引用文を使っていますが、少しでも雰囲気を伝えることができればと思っています。

 どうぞ、これからも楽しんでください。

====================================================


<ネタバレに注意>



 ウニョンへの態度のことで、フィリップからたしなめられるイナ。「公私の区別ができない人間とは、一緒に仕事はできない」と言われる。イナは態度を改め、ウニョンにも謝罪する。

 チェハと一緒に朝帰りした事を、イナにきつくしかられて落ち込んでるウニョンには、「ウニョンも少し悪いね」とフィリップが優しく諭す。「人の心を傷つけたらダメだよ」

 ホテルへチェハを迎えに行ったウニョンは、ミョンフンと顔をあわせる。ミョンフンから「故郷はどこか?」と尋ねられ、「ソウルです」と答えるウニョン。


 (以上は引用しました。)




つづく







 
[PR]
by arrive_at | 2007-06-23 16:00 | 春のワルツ 2007