Spring Waltz#9-2/3

つづきより



 旅での出来事を思い出して、ウニョンも笑いました。

 さて、出発です。しかし、ウニョンは送っていくことが大丈夫かと心配ですが、チェハは君は誰のマネージャーかと聞き、気にせず二人で行くことを促します。


 コンサート会場のフィリップには連絡は無いままですが、イナにはウニョンと一緒に来るという連絡がありました。イナは怒っていますね。嫉妬でしょう。


 途中、車の事故で渋滞に巻き込まれて立ち往生しますが、ウニョンの機転でバイクを借りて会場まで二人で走ることになりました。式服に着替えたチェハとヘルメットをかぶってスクーターの二人乗りで走ります。


 チェハはウニョンがちゃんと運転出来るのかと心配しますが、ウニョンは平気で飛ばします。いいですね。このシチュエーション。「本当に、運転できるの?」「心配ですか?もう、男の癖に度胸無いなぁ。」

 ウニョンはわざとスピードを上げます。

 飛ばしすぎのウニョンに思わず抱きつくチェハです。振り落とされないでね。

 そして、なびくウニョンの髪をそっとハンカチで結わえるのでした。なんだか幸せそうです。


 その頃、会場では気が気でないフィリップとイナでした。

 会場にスクーターで乗りつけ、走りながらヘルメットを脱いでフィリップに投げると、そのままチェハはコンサートの壇上に上がるのでした。



 そんな様子を、イナは嫉妬の目で見ています。

 もちろん、あとでウニョンを激しく責めますが、チェハがかばいます。それがまたイナを嫉妬に駆り立てます。めらめら~。


 責められてへこんでいるウニョンにチェハが声を掛けようとすると、そこにはフィリップがウニョンを守るように励まします。

 「失敗に乾杯!」

 そうして、ウニョンはフィリップの言葉になぐさめられました。


 
 

 
つづく
 
[PR]
by arrive_at | 2007-06-22 18:18 | 春のワルツ 2007

CHANEL ROUGE ALLURE 24 EVOCATION


by arrive_at
プロフィールを見る
画像一覧