チェオクの剣 第2話「生い立ち」 その2

 エントリが思ったより長くなり、仕方なく4つに分けることになりました。ちょっと画像が多すぎたのが問題のようです。しかし、根性でエントリします。


ネタバレにご注意!
○--------------------------------------
 捕らわれた当時7歳のチェヒは身分を落とされ、使用人として、地方長官の家に仕えることになる。

 そこには、地方長官の妾の息子ユンが差別を受けながら暮らしていた。ユンは、自らの境遇をチェヒに重ね合わせ、以後二人は兄妹のように時を過ごしてきた。
-------------------------------------○


 「まことの強さとは何か分かるか。山に阻まれ海に阻まれても、生涯をかけ己の夢を貫き通すことに他ならない」若き日のユンに師匠は問うた。












































































































 子どもの頃のチェヒとユンの修行時代です。なかなか子役が可愛かったので、写真の大盤振る舞いです。まだ未来への期待と希望に満ちた日々の修行だったのでしょうか。身分の違いはあるにせよ、まるで兄妹(きょうだい)のように寄り添って励ましあう二人がたいへんいとおしく感じます。


その3に続きます。
[PR]
by arrive_at | 2006-07-15 22:47 | チェオクの剣

CHANEL ROUGE ALLURE 24 EVOCATION


by arrive_at
プロフィールを見る
画像一覧